翻訳サンプル3

注:下記は国際原子力機関が2004年に発表した「Radiation, People and the Environment」を弊社で独自に翻訳したものです。

Alpha radiation (α) is a positively charged helium nucleus emitted by a larger unstable nucleus. It is a relatively massive particle, but it only has a short range in air (1-2 cm) and can be absorbed completely by paper or skin.
Alpha radiation can, however, be hazard-oust if it enters the body by inhalation or ingestion, because large exposures can result in nearby tissues, such as the lining of the lung or stomach.

アルファ線(α)は、大きめの不安定な原子核から放出される正電荷のヘリウム原子核です。アルファ線は比較的大きな粒子ですが、空気中での到達距離は短かく(1~2 cm)、紙や肌に完全に吸収されます。但し、吸入や摂取によって体内に入ると、肺や胃の内壁など周囲の組織が広範に被曝するために有害な影響が現れる恐れがあります。

Beta radiation (s) is an electron emitted by an unstable nucleus. Beta particles are much smaller than alpha particles and can penetrate further into materials or tissue. Beta radiation can be absorbed the top layer of skin. However large exposures to high-energy beta emitters can cause skin burns. Such emitters can also be hazardous if inhaled or ingested.

ベータ線(β)は、不安定な原子核から放出される電子です。ベータ粒子はアルファ粒子よりもかなり小さく、アルファ線よりも物質や組織の深くまで透過します。ベータ線はプラスチックやガラス、金属の板で完全に吸収されます。通常は、皮膚の最上層よりも深くまでは透過しませんが、高エネルギーのβ放射体に広範にさらされると、皮膚がやけどすることがあります。このようなβ放射体も、吸入したり摂取したりすると有害な影響を与える恐れがあります。

Gamma radiation (y) is a very high energy photon (a form of electromag­netic radiation like light) emitted from an unstable nucleus that is often emitting a beta particle at the same time. Gamma radiation causes ionization in atoms when it passes through matter, primarily due to interactions with electrons. It can be very penetrating and only a substan­tial thickness of dense materials such steel or lead can provide good shielding. Gamma radiation can therefore deliver significant doses to internal organs without inhalation or ingestion.

ガンマ線(γ)は、不安定な原子核から放出される非常に高エネルギーの光子(光に似た電磁放射線の一種)で、ベータ粒子と同時に放出されることがよくあります。ガンマ線は、物質中を透過するときに、主に電子との相互作用によって原子核を電離します。非常に透過性が高く、かなり厚い高密度金属(鋼鉄や鉛など)でなければ十分に遮蔽できません。従ってガンマ線は、吸入や摂取をしなくても内臓にかなりの線量を照射することがあります。

X rays are high-energy photons, like gamma radiation, and are produced artificially by the rapid slowing down of an electron beam. X rays are similarly penetrating and, in the absence of shielding by dense materials, can deliver significant doses to internal organs.

Xは、ガンマ線と同様に高エネルギーの光子で、電子線の速度を急激に低下させることによって人工的に生成されます。X線もガンマ線と同様に透過性が高く、高密度物質による遮蔽がなければ内臓にかなりの線量を照射することがあります。

Neutron radiation (n) is a neu­tron emitted by an unstable nucleus, in particular during atomic fission and nuclear fusion. Apart from a component in cosmic rays, neutrons are usually produced artificially. Because they are electrically neutral particles, neutrons can be very penetrating and when they interact with matter or tissue, they cause the emission of beta and gamma radia­tion. Neutron radiation therefore requires heavy shielding to reduce exposures.

中性子線(n)は、不安定な原子核から放出される中性子で、とりわけ核分裂中や核融合中に放出されます。宇宙線に含まれている場合を除けば、中性子線は通常人工的に生成されます。中性子線は電気的に中性の粒子なので、透過性が非常に高く、物質や組織との相互作用によりベータ線とガンマ線を放出します。従って中性子線の被曝を減らすためには十分な遮蔽が必要です。

Cosmic radiation comes from deep space. It is a mixture of many different types of radiation, including pro­tons, alpha particles, electrons and other various exotic (high energy) particles. All these energetic particles interact strongly with the atmosphere and, as a result, cosmic radiation at ground level becomes primarily muons, neutrons, electrons, positrons and photons. Most of the dose at ground level comes from muons and electrons.

宇宙線は、深宇宙から飛来してくる放射線で、陽子、アルファ粒子、電子その他の様々な地球外の(高エネルギー)粒子を含む様々な種類の放射線が入り混じっています。これらすべての高エネルギー粒子と大気との強い相互作用の結果、地表面での宇宙線は主にミューオン、中性子、電子、陽電子、光子になります。地表面での線量の大部分は、ミューオンと電子に由来しています。

お見積から納品まで

過去の更新情報