翻訳サンプル2

注:下記は国際原子力機関が2004年に発表した「Radiation, People and the Environment」を弊社で独自に翻訳したものです。

Half lives
The time taken for the activity of a radionuclide to fall to half its original value is called the half-life, symbol t1/2
Put another way, this is the time for half the nuclei in a sample to decay. Each radionuclide has a unique half-life, which can range from fractions of a second to billions of years. For iodine-131, it is 8 days; caesium-137, 100 30 years; carbon-14, 5730 years; plutonium-239, 24 000 years; and uranium-238, 4470 million years. In successive half-lives, the activity of a radionuclide is reduced decay to 1/2,1/4, 1/8 and so on, of its initial value. This means that we can predict the activity remaining at any future time. As the amount of a radionuclide decreases, the radiation emitted decreases proportionately.

半減期
放射性核種の放射能の強さが元の値の半分にまで低下するのに要する時間を半減期といい、記号t1/2で表します。言い換えれば、あるサンプル内の原子核の半分が崩壊するのにかかる時間です。それぞれの放射性核種が固有の半減期を持ち、半減期は一瞬のものもあれば数十億年に及ぶものまで幅があります。ヨウ素131の半減期は8日、セシウム137は30年、炭素14は5,730年、プルトニウム239は24,000年、ウラン238は44億7000万年です。半減期を繰り返すことによって、放射性核種の放射能の強さは、最初の値の1/2、1/4、1/8…と減少します。従って、将来のいずれかの時点での残存放射能の強さを予測することができます。放射性核種の量が減少するにつれて、放出される放射線はそれに比例して減少します。

お見積から納品まで

過去の更新情報